看護師のための気管支喘息の喘息発作ナビ

呼吸機能検査

呼吸機能検査は、喘息患者さんにとってとても大切な検査です。

 

呼吸機能を測定するためには、スパイロメータを使用します。

 

スパイロメータで、努力肺活量と1秒量を測定します。
努力肺活量と1秒量を測ることによって、
%肺活量と1秒率を算出することが可能です。

 

1秒量は、気道に異常がなくても肺活量が少なければ小さい値を示します。
ですから、換気障害の指標としては1秒率を使用します。
表の努力肺活量の正常値は一般的な値です。

 

厳密な正常値を知るためには、患者さんの年齢や身長などから算出しますが、
ひとつの指標として用います。

呼吸機能の指標

・努力肺活量(Cc) 略語(FVC) 

 

努力肺活量は、最大限に息を吸った状態から
一気に息を吐ききった空気の量です。

 

成人男性では、約3500、成人女性では、約2500 が正常値です。

 

・%肺活量(%) 略語(%VC)

 

%肺活量(%)は、年齢や性別、身長から計算した予測値の実際と肺活量の比

 

80%以上が正常です。

 

・1秒量(L) 略語(FEV1.0)

 

最大限に息を吸った状態から、息をできるだけ勢いよく吐いてもらいます。
そのときの最初の1秒間に吐き出せた空気の量が「1秒量」です。

 

・1秒率(%) 略語(FEV1.0%)

 

1秒率(%)は、1秒量を肺活量で割った値です。

 

70%以上が正常です。

喘息発作時の呼吸の状態

喘息発作を起こしている患者さんは、気管支が狭くなっています。
ですから、うまく息を吐くことができません。
そのため、1秒量や1秒率は減少します。

 

ですが、喘息発作の気管支狭窄は可逆性のため、
気管支拡張薬を使用して治療を行って狭窄が改善されると、
呼吸機能も正常な状態に戻ります。

 

ただし、発作を何度も繰り返している患者さんは慢性的になり、
不可逆的な変化を起こしていることもあります。
非発作時でも健康な人よりも1秒率は下がった状態で経過します。

 

ですが、慢性的な患者さんは、その呼吸状態に慣れているので、
呼吸が苦しいと感じることがない場合が多いのです。